スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

#073 PCIe Sound Blaster Zx レビューの続き★ミ

続いてはSoundBlasterZxのソフトウェア面に関するレビューです。
[ドライバ・ソフト]
PC本体にカードを挿し終ったら、電源入れなおしてドライバを当てます
インストールCDをドライブに入れるとぶおおおぉぉぉぉん!とPCが唸りをあげますw
そして画面上にSoundBlaster Zシリーズ用のInstallShieldウィザードが立ち上がり、
言語とか選択してドライバがインストールされ、PC再起動
続いてCreativeソフトウエアオートアップデート

しかしここで困ったことが起きた(-ω-;)ウーン
ソフトウエアオートアップデートがなかなか終わらないのだ・・・
おそらく同時に最新ドライバと付属ソフト(WaveStudioとか色々)を全部インストールするようにしたのがいけなかったのだと思われる
終了まで4分といいながらその状態が30分ぐらい続く焦らしっぷりw
これにはさすがの私も苦笑い
これからZシリーズ使う人はまず最新ドライバだけ選択しましょうね

さて、ドライバと共にPCに入ったソフトは以下のもの
①Creative ミュージックサーバー
②Creative WaveStudio 7
③Creative Media Toolbox(体験版)
④Creative ALchemy
⑤Sound Blaster Z-Series コントロール パネル
⑥Creative Diagnostics

大まかに見たらこれらがインストールされていた
必要不必要は人それぞれだと思いますが、
個人的にコレいらんとおもう物は
①→iTuneとかあれば不要
②→音弄りはしないので不要
③→音楽録音や編集はしないので不要
あってもいいのかなと思うもの
④→UT99とか古いソフトで使うのかな
⑥→なにか不具合起きた時用
で、とりあえず使わない①~③はアンインストール
Creative ALchemyはまた使って試してみようと思います

[Sound Blaster Z-Series コントロール パネル]
おそらく一番使うであろうソフト
自分はFPSゲーマー、特にUTプレイヤーなのでUT用にプロファイルを作成
また普段用・他のゲーム用のプロファイルを作り、その二つを切り替えながら使用している
この設定に関しては人それぞれ、好き嫌い、合う合わないという世界の話になるので、
設定画像を貼りますが、生暖かい目で見ながら参考にしていただけたらと思います。
SBZ01SBZ02.jpgSBZ03.jpg
SBX PRO STUDIO
 Srroundは、全開100%!前後左右上下どこからでもかかって来いよ仕様
 CrystalizerとBassは、攻撃音が強調されすぎるのでオフ
 SmartVolume(急な音量変化を抑える)は不自然に音量調整されるのでオフ
 DialogPlus(セリフの強調・クリアな会話)はVCで効果あるかもと思いオン
CRYSTALVOICE
 録音デバイスはマイクのほかラインインを選択可
 マイクブーストはXtreamGamerよりは質がいいと感じるが、やはり聞きづらいので0db
 FX(いわゆるボイスチェンジャー)18種類の声質に変えられる
 SmartVolume(声の大小にかかわらずはっきりと聞こえる)VCで使ってみて不評だったのでオフ
 NoiseReducation(ノイズ消去)、AcousticEchoCancellation(エコー消去)はオン
 Focus(ゾーン外のノイズを抑制し、明瞭な音声になる)ゾーン外???良く分からんのでオフ
SCOUT MODE
 “この専有技術により、ゲーム内の離れた場所にいる相手プレイヤーやNPCの存在を音で捉えることが
 可能となり、ゲームの進行等で優位に立つことができます。”
 UTでは優位に立てないと思った。CS系のゲームで有効に使えるのかもしれない

SBZ04.jpgSBZ05.jpgSBZ06.jpg
スピーカー/ヘッドフォン
 ヘッドフォンを使用
 他に5.1サラウンド、ステレオ、ステレオダイレクトを選択可
シマネテック
 エンコーダなし。使い方、使う必要があるのか不明
ミキサー
 スピーカーやマイクなどのL,Rなどのバランスを調整できる
 特に弄るところなし

SBZ07.jpgSBZ08.jpgSBZ09.jpg
イコライザー
 UT3用に弄ってみた。低音 (ロケランのスプラッシュ音など) を削り、高音(武器・アーマー・ammo取得音など)を盛る
 適当なのでもっと弄る必要はあるかもしれない
高度な機能
 デジタル出力を使ったステレオミックスの再生 なにこれ?
プロファイル
 設定のプロファイルを作って、保存、切り替えができる
 UT3用、普段用と二つ用意しているが、音楽用、他ゲー用とか作ってみてもいいかも

Sound Blaster Z-Series ユーザーズ ガイド
というPDFファイルがスタートメニューのプログラムのなかに入っています。
ZXの詳しい機能や使用方法などが書かれているので一度は目を通しておくといいと思います。

以上がソフト面のレビューというか説明?です。長くなったので実際の使い心地や良し悪しは
次回の記事で、ということで許してください><
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。